ハードボイルドにアブストラクトなハウツー・レッスン
プロフィール

ティ・ミィ

  • Author:ティ・ミィ

  • 1985年12月06日生まれ

    大学とかに通ったりサボったりしたりして。

    コメントとか残してってくれると嬉しいので、
    残してってくれると嬉しいです。

    メールを送る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壁のぼり
下着とるとる
法隆寺

下着泥棒がいるそうです。
近所に。
イヤになりますね。
なりませんか?
私はなるんですけど。
でも、
もしかしたら下着泥棒じゃなく、
下着ボランティアかもしれません。
盗んだ下着を不幸な子供たちへとプレゼントする、
ブルセラ・サンタかもしれませんしね。

さて、
下着泥棒は盗んだ下着で、
走り出してるんでしょうか。
それとも、
売ってるんでしょうか。
わかりません。
洗濯したモノを盗むんですから、
性的な用途では使わないと思うのです。
使うんでしょうかね?
仮にそうだとして、
使用方法として考えられるのは、
A.匂う
B.眺める
C.着る
D.切る
E.食べる
F.舐める
G.盗んだという事実だけで満足し下着にはノータッチ
H.捨てる



たくさんありますね。
これでは性的な意図で使うことも可能かもしれません。
いえ、
きっと可能なんでしょう。

私も盗まれたことがあります。
パンツ。
気味が悪い、
や、
怖い、
などの思いもあるといえばあるんですが、
それ以上に、
困るんです。
盗まれたのは中学生の頃でした。
パンツをそんなに多く持っていなかったものですから、
洗濯が間に合わなくなったり、
使い古した汚らしいパンツを穿かなければいけなくなったのでした。
そう、
安室ちゃんが妊娠したからといって、
MAXをゲストに呼ぶような、
安っぽさが下半身に集約されるのです。

下着泥棒には、
そのへんの事情もよくよく考えてほしいと思いますし、
捕まったなら、
死ぬべきです。

思春期の私を、
困らせたんですから。
灰色の青春を、
送らせたんですから。

死刑か、
もしくは、
一生、下着を穿いてはいけない刑に、
処すべきです。

ズボンがおしっこなんかで汚れちゃえばいいんです。

さようなら。
スポンサーサイト
<< 電話男/小林恭二・著 // HOME // くたばれ空腹 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://sayounara20seiki.blog6.fc2.com/tb.php/24-4133b12b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。